未分類

田中節三先生の凍結解凍覚醒法Q &A

《最終更新 2020/10/17》

QA液を使う上で、気をつけることは?

A.日が当たらないとこで使いましょう。
冷蔵庫で保存で約1ヶ月保存可能です。

A液は
植物の種それぞれ別で漬ける。

一緒につけないようにしましょう。

A液は100倍希釈。

但し、野菜の種子は

150倍希釈率で

冷蔵庫内で10〜12時間で

浸種処理お願い致します。

お住まいの地域、植物の種類、季節(温度など)によっても異なりますが、上記を基本に改善、微調整をよろしくお願い致します。

そして、いったん

水につけたりしないようにしましょう。

雨などで、種が浸からないようにします。

種が吸い込んでるものが水に流れてしまいます。

そして、コーティングしてる種、

遺伝子組み換えしてる種には

使えません。

Q B液の使い方の説明書、ポイントは?

発芽後、5葉展葉したら

B液250倍希釈率を

土壌に垂れるほどタップリと与えて下さいませ。

作種により異なりますが

5日〜10日毎に散布して下さいませ。

朝早くか、夜に

じょうろなどでたっぷり。

大規模でされてるみなさんは

ドローンで撒かれています。

花の場合は、花自体にかけずに

葉っぱにかけましょう。

冷蔵庫に入れておくと

3ヶ月間使えます。

但し、A液もB液も生きてますので

冷蔵庫に入れておくほど

多少弱くはなりますので

早めに使われることをオススメします。

期限が切れた後は

どちらも葉面散布

土壌散布としてご活用頂けます。

A①御回答 凍結解凍覚醒に使用種子は

現在コスト面から小麦種子を使用しております。
勿論目的種子を材料にすれば

更に性能面は向上します。

②御回答 B液葉面散布は

夏場は夕方日が落ちてが最善ですが

熱い直射日光環境は避けるべきです。

また当然、天候は見て

散布作業直後降雨は避けて下さいませ。

夏場2〜3時間

冬場4〜6時間は降雨を避けて下さい、

その他春秋はその中間時間を

参考にして下さいませ。

QどちらがA液、B液かわからなく、、

A左の茶色のが、A液の種をつけるもので

右側の深緑色のがB液の葉面散布用になります。

Q希釈したものは、どれくらい使えますか?

A.3、4日使えます。

Q先に入ってから、あとで液を送って頂くことは可能ですか?

A以前は可能だったのですが

非常にわかりづらく、トラブルもありましたので

今は、お申し込みがありましたら

即お届けのみとなっています。

日時設定は不可ですが

通常3日〜7日以内で

お送りさせて頂いています。

Q絶対に違いが出ますか?

A.全てのことに言えますが、当然、

100%はなく、個人差がございます。

特に、農は、様々な別の自然と

様々な別の植物と接するわけですし

さらに、天変地異、場所、異常気象、

個人個人の農業経験にも左右されます。

ただ、日本では決して作れなかったバナナを

日本全国のみなさん、作られてまして

その技術を普通に日本の農業に使うので

確率は高いようです。

但し、1つ気をつけた方がいいのが

通常よりも育ち過ぎることによって

通常の株間でやることで

根が絡まってしまったというお話や

種、植物が覚醒することで

土の栄養、水をたくさん必要だそうで

田中先生も

『肥料管理や灌水管理を完全に行ってこそ収穫量が増えるのです。

水も肥料もたくさん必要なのです。

慣行農法感覚では増加は望めません。』

と言われてますので

まずは、先生の技術に慣れて

改善しながら、

使いこなせるようになって頂ければと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP